おすすめ映画ブログ

新作映画のレビューや感想ネタバレなど映画に関する様々な情報を発信!!

*

映画『LIFE!』ネタバレ感想|ベンスティラーの人生が変わる旅!

      2014/03/27

LIFE! (ライフ)

原題: The Secret Life of Walter Mitty

映画life ネタバレ感想

監督・主演
ベン・スティラー
製作総指揮
ゴア・ヴァービンスキー 、マイヤー・ゴットリーブ 、G・マック・ブラウン
原作
ジェームズ・サーバー
音楽
セオドア・シャピロ
脚本
スティーヴ・コンラッド
キャスト
ベン・スティラー
(ウォルター・ミティ)
クリステン・ウィグ
(シェリル・メルホフ)
アダム・スコット
(テッド・ヘンドリックス)
キャスリン・ハーン
(オデッサ・ミティ)
シャーリー・マクレーン
(エドナ・ミティ)
ショーン・ペン
(ショーン・オコンネル)
パットン・オズワルト
(トッド)

内容

実際にあったアメリカの写真を中心とした雑誌『LIFE』社を舞台に映画が作られています。

既に廃刊になってしまっていますが素晴らしい雑誌でした。

グラフ誌と言われ、写真を通じて政治的メッセージ、言及をしています。
001

そんな雑誌社を舞台に空想癖のある主人公ウォルターミティー(ベン・スティラー)が未知なる土地への旅を経て変化していくさまをドラマティックに描いています。

監督・主演のベンスティラーは『ナイトミュージアム』でもユニークで親近感あふれる演技で人気の俳優です。

LIFE

「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」

という”LIFE”誌のスローガンと共に主人公(ベン・スティラー)が少しずつ変わっていくのです。

ここは、彼以外他にいないと思いました。

 

また、原作はジェームズ・サーバーの短編小説『虹をつかむ男』です。これは、1947年に一度映画化されており今回の『LIFE! (ライフ)』はリメイク作品になります。

 

======以下ネタバレ&感想========

極度の空想癖(白昼夢)を持つウォルター(ベン・スティラー)。

彼の頭の中でくり広出られる奇想天外な考えを映像化しています。

 

それがなんとも斬新!

映画life ネタバレ感想

その映像や大胆な発想とは裏腹にウォルターはその一歩が踏み出せないまま、片思いの人(シェリル)にアタックできずにいます。雑誌”LIFE”の写真ネガ管理部で働いている彼には単調な毎日の繰り返し。この時までは突飛な空想の中に逃げ込むだけが彼の救いだったのかもしれません。

映画life ネタバレ感想

ある日、ウォルターと信頼関係にある孤高のカメラマン ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)から”LIFE”最終号の表紙にふさわしいネガとプレゼントの財布が送られてきますが、最高傑作だという25番がだけが無いのに気が付きます。

ウォルターはカメラマンショーンを探す為に、意を決して旅へ出かけるのです。

これが、彼の最初の一歩で

 

人生が変わる旅になるのです!

映画life ネタバレ感想

グリーンランドから酔っぱらいの運転するヘリへ飛び乗り、ショーンがいると思われる貨物船へ乗り込む所まではまさに感動!彼の一歩、二歩前へ踏み出す勇気を一緒に体感する事が出来ます。

『生きているうちに、生まれ変わろう』という映画タイトルが感じられる瞬間でもあります。

映画life ネタバレ感想

ウォルターがショーンを探す旅を彩るロケーションも本作の見所の一つです。

極寒の海に飛び込みサメと戦ったり、荒々しい大地を駆け、大自然をスケボーで下る。

まさに自然と一体になっているウォルター。最高です。。

ここは映画館でないと味わえない感覚。

映画life ネタバレ感想

その、まさにウォルターの人生が変わり始め、きらきらと輝き始める”瞬間”を共有することができます。

観客の胸は、おそらく愛おしい幸福感でいっぱいになる事でしょう。

最高です。

映画life ネタバレ感想

ついにショーンと再会したウォルターは感極まる事もなく、ショーンという孤高のカメラマンの仕事を見て少しずつ理解していくようでした。ショーンはゴーストキャットを撮影している最中でこんな科白を言います。『美しい物ほど人に見られようとしない。』『本当に美しいものに出逢った時シャッターを押さない時がる。その瞬間に浸っていたい。今がまさにその時だ。』

 

本物ですね。。

 

そして、肝心の25番のネガは財布に入っていて中を見ずに出す所も良かった。何が写っていたかはココではネタバレしませんが何となく分かってしまった。。

1375274_613144262079397_1652932252_n

片思いのシェリルとも上手くいき、白昼夢も見ない新しい自分に生まれ変わったウォルターに感動。誰もが『生きている間に、生まれ変われる』変わりたいと思える様な希望で一杯な素晴らしい映画でした。

 

映画で流れる音楽が一層この映画を良くしていました。

Jose Gonzalez ‘Step Out’

 

映画『LIFE!』

映画『LIFE!』公式サイト

 

あと、日本語吹き替え版でウォルター約 岡村隆 なんですね〜!気が付きましたか!?

映画life ネタバレ感想

では。

 - ヒューマン , , , , , , , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img_1503586_61673256_0
映画 レミゼラブル|ネタバレ・感想♪

レミゼラブル見ましたよー♪ ミュージカル映画はスウィーニートッド以来でしたけど、 …

2010-3-3_2
ミリオンダラーベイビー|大変考えさせられる映画。

『ミリオンダラー・ベイビー』(Million Dollar Baby) 2004 …

somewhere_wp_pc_normal
映画サムウェアー|ネタバレ・感想!

『SOMEWHERE』(サムウェア、原題: Somewhere)ソフィア・コッポ …

98137
映画『それでも夜は明ける』奴隷制度を体感し正しい行いを考える

それでも夜は明ける 90点/100点 監督 スティーヴ・マックイーン 原作 ソロ …

us
Jエドガー|クリント・イーストウッドが実話に挑む。

『J・エドガー』(J. Edgar) あとで、クリント・イーストウッド監督だった …

73885ed89432a8d29ee48b1e005e3614
一命| 三池崇史 の作品に触れる

あらすじ あの三池崇史監督が“命を懸けて、何かを守る”男たちの姿を描いた本格派時 …

華麗なるギャッツビーレオナルドディカプリオ
華麗なるギャッツビー|オシャレ好きな男女は必見!!

『華麗なるギャツビー』(原題: The Great Gatsby) 作家F・スコ …

51XZXCMHP8L
泣ける映画・感動する映画ベスト10

1、カッコーの巣の上で 監督 ミロス・フォアマン 脚本 ローレンス・ホーベン、ボ …