おすすめ映画ブログ

新作映画のレビューや感想ネタバレなど映画に関する様々な情報を発信!!

*

映画『ミスゾンビ』ネタバレ感想|小松彩夏がゾンビを怪演!

      2014/04/21

Miss ZOMBIE ミスゾンビ


Miss ZOMBIE [DVD]

監督 SABU
出演 小松彩夏 / 冨樫真 / 手塚とおる / 駿河太郎 / 芹澤興人
製作年 2013年
製作国 日本
時間 85分

内容

『うさぎドロップ』、『蟹工船』などの作品監督を務めたSABU監督の最新作『Miss ZOMBIE ミスゾンビ』。今回は、今までの作風とは全く異なりゾンビに焦点を当てた作品で異彩を放っています。しかし、今までのゾンビ映画とは全く違った切り口でゾンビを表現しているので見ている人の心を激しく揺さぶる様な素晴らしい映画です。ゾンビが中心ではなく人間の内面を表現する為のツールとして取り上げたのでしょう。SABU監督の新しいフロンティア。良かったです。

感想

ーーーーー以下。内容 結末に触れますーーーーー

ある日、幸福な寺本家に大きな荷物が送られてくる。中を開けるとそこには、沙羅(小松彩夏)という名前の人間を襲うことのない人間とゾンビの中間の様なゾンビが。。

ミスゾンビ ネタバレ感想

モノクロームの映像の世界観とこの設定に最初から圧倒されてしまう。

ゾンビから逃げるのではなく、ゾンビと共存する。

ここが今までのゾンビ映画とは全く異なる点の一つでしょう。沙羅は庭の掃除を命じられ従順します。

こんなゾンビってあり!?

来る日も来る日も掃除をして奥さんから差し入れをもらい家へ帰ります。家へ帰る途中子供に石を投げつけられたり、チンピラに毎回背中をナイフで刺されてもまったく反撃をしない優しいゾンビなのです。

醜いのはいったいどっちなんだ。。人間かゾンビか?

ミスゾンビ ネタバレ感想

そんなある日、庭師の男二人がゾンビを性のはけ口にしようと考える。

そして、倉庫で沙羅をレイプするのですがこの一部始終を寺山家の主が見ているのですが注意しません。

しかも、そのうち主も沙羅(ミスゾンビ)をそういう目で見るようになる。

そして、ミスゾンビといちゃつく旦那を見て奥さんも次第に気が狂って来て寺山家がいよいよおかしくなってきます。

ミスゾンビ ネタバレ感想

チンピラをやっつけて。子供と逃亡を図る。

結局、母親の方に子供はいってしまいミスゾンビも自殺してしまう。

バットエンディングで心のやり場に困りますが、ゾンビになる時に沙羅は妊娠していて生まれてくる子供の顔が見れなかった。母親になる事が出来なかった。そういう感情が徐々に人間の感情を取り戻すにつれて溢れ出て来たのでしょう。

ゾンビ×人間×モノクロームで上手く表現していたと思いました。

 

まとめ

小松彩夏演じるゾンビが素晴らしかった!

08010618_a  ミスゾンビ ネタバレ感想

徐々に人間性を取り戻していく切ないゾンビを上手く演じていました。

こんなゾンビに感情移入してしまうゾンビ映画は初めてだったし、ゾンビを通して色々考えさせられる様な作品は他にないと感じました。

まだ見ていない人は絶対チェックですよ!

 - 衝撃映画 , , , , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img_dommune
アレハンドロ・ホドロフスキーのおすすめ映画

アレハンドロ・ホドロフスキー 奇才映画監督の一人 アレハンドロ・ホドロフスキーは …

ブラインドネス
映画『ブラインドネス』ネタバレ感想|失う物は視力だけではない。

『ブラインドネス』(Blindness) 監督 フェルナンド・メイレレス 脚本 …

yyy
鉄男|塚本晋也の衝撃映画!

『鉄男』(てつお) 今まで衝撃を受けた映画は何ですか? と、聞かれて『鉄男』の名 …