おすすめ映画ブログ

新作映画のレビューや感想ネタバレなど映画に関する様々な情報を発信!!

*

ファニーゲームU,S,A|ミヒャエル•ハネケの世界観に酔いしれろ!

      2013/11/19

オーストリア出身の奇才ミヒャエルハネケ監督ファニーゲームのリメイク!

監督 ミヒャエル・ハネケ
出演者 ナオミ・ワッツ
ティム・ロス
マイケル・ピット
ブラディ・コーベット
デヴォン・ギアハート

僕の大好きな監督の一人がこの人!

オーストリアが生んだ奇才ミヒャエル・ハネケ監督です!

監督の作風は、人間の汚い部分とかタブーみたいな所を映画を通して実感させてくれる事!

大好きです。

 

今回のファニーゲームU,S,A

もう、この理不尽さが何ともいえません。貴方はなにを思い何を感じましたか!?


もっと早く気がつけばよかったですね。

この卵のところから気持ち悪い感じが始まるんですよ。。。

でもこれって今のご近所付き合いとか近隣での迷惑とか身近にあると思っちゃうんですよね。

 

すでに寒気を覚えます。。。

 

 

ゴルフバットで足を。ここまできたらダメですけど。


子供に目隠しをさせて母親に裸になれと命じます。

ここで子供が泣き叫ぶ!これがびびるびびる。

ここもハネケ流の表現です。

セブンス・コンチネント』で家族の死ぬ間際の声など、、、

ハネケは音とかワンカットの長さなど表現が絶妙


貴方たちは何が望みなの?何でも持っていっていいから帰って!!!ナオミワッツが懇願します。

無駄ですね。。彼らにとっては意味ないのですから。

ハリウッド映画で必ずある暴力表現。

暴力を娯楽で楽しむハリウッド映画に対してハネケは今回の作品でアンチテーゼを掲げています。

暴力を暴力で表現する

見終わった後は本当に不快感しか残りませんでした。

しかし、この映画を通して暴力は身近にある物だと実感する事でしょう。

しかも、その暴力は常に理不尽なもので突然やってくる物なのです。

 

ファニーゲームU,S,A 予告編

補足

何度も言いますが、見る人によっては不快感きわまりない作品でこの映画の根幹は暴力を暴力で訴える事です。

現在のハリウッド映画は暴力を娯楽として商品としていますが、暴力の本当の怖さ理不尽さを映画を通して知る事が出来る大変素晴らしい映画です。

ミヒャエルハネケの映画ピアニスト・隠された記憶・ペニーズビデオ・セブンスコンチネントもおすすめ!!

 - サスペンス映画 , , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ディアトロフ・インシデントのネタバレ感想
ディアトロフ・インシデントのネタバレ感想|ディアトロフ峠事件の真実とは

ディアトロフ・インシデント|ディアトロフ峠事件の真実とは!? ディアトロフ・イン …

映画トランス解説
映画『トランス』の解説|トランスしない映画。

映画『トランス』 監督 ダニー・ボイル 製作総指揮 バーナード・ベリュー 、フラ …

ヒューマンレース感想
映画『ヒューマンレース』ネタバレ感想|人間のダークな一面を表現。

映画『ヒューマンレース』 ヒューマン・レース [DVD] 監督 ポール・ハフ 製 …

その夜の侍
その夜の侍|ネタバレ感想

『その夜の侍』(そのよるのさむらい)   堺雅人×山田孝之 小さな鉄工 …

2da9290a
映画『シャッターアイランド』の解説|ネタバレ感想。

『シャッター アイランド』(英: Shutter Island) 監督 マーティ …

90
映画 ゲーム|デヴィッドフィンチャーの世界に触れる

解説 デヴィッドフィンチャー監督の金持ちの男が軽い気持ちで参加してしまったゲーム …

51OZWriYrTL
映画『コリドー』ネタバレ|結局コリドーって何ぞや!?

コリドー 監督:エヴァン・ケリー 出演:スティーヴン・チェンバース、デヴィッド・ …

ディパーテッド
ディパーテッド|ネタバレ・解説

『ディパーテッド』(The Departed) 2002年から2003年に架けて …

the_game
どんでん返しのあるおすすめ映画

① 『アイデンティティー』どんでん返し度 ★★★★★ MAX!! アイデンティテ …

jon_chirashi
私が、生きる肌|父が選んだ最も残酷な復讐とは!?

『私が、生きる肌』 (わたしがいきるはだ、スペイン語: La piel que …