おすすめ映画ブログ

新作映画のレビューや感想ネタバレなど映画に関する様々な情報を発信!!

*

映画ジャンゴ|タランティーノの西部劇

      2013/11/11

『ジャンゴ 繋がれざる者』(Django Unchained)

クエンティン・タランティーノ監督による西部劇映画である。第85回アカデミー賞で作品賞ほか5部門にノミネートされた。

〜内容〜
『イングロリアス・バスターズ』などの異才クエンティン・タランティーノ監督が、前作からおよそ3年ぶりに放つ骨太のアクション大作。19世紀中期のアメリカ南部を舞台に、かつて奴隷だった男の妻奪回のし烈な闘いを描き出す。レオナルド・ディカプリオが本作で初めてとなる悪役に挑むほか、ジェイミー・フォックスやクリストフ・ヴァルツら個性と実力を兼ね備えた俳優たちが豪華共演。緊迫感あふれる人間模様と、驚きのストーリー展開に言葉をなくす。

 

〜ネタバレ・感想〜
映画の内容的には面白いのですが、全体的にタランティーノの残酷的な表現は抑えられている印象でした。

今回の主人公ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)より、賞金稼ぎ役のキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の方がずっと引き立っている!

シュルツの能弁さと演技力には見応えがあります!

シュルツ役のクリストフ・ヴァルツは「イングロリアス・バスターズ」にも出演していて、今回の作品で助演男優賞を受賞しています。

また、初の悪役で出演している、レオ様の演技が最高でした!!

初の悪役とは思えないほどの演技力で、残忍で狂った奴隷商人を演じきっていました。タイタニックのレオナルドディカプリオはもうどこにもいないですね。映画『ブラッドダイヤモンド』あたりから渋さがでてきた印象を受けました。

今回の映画ジャンゴ、、
主役はジャンゴではなくシェルツだったと思います!シェルツとディカプリオが出なくなったあたりから非常につまらなくない作品になっていただろうと思いました。また、160分という少し長めの尺もこんなに必要だったのかなという感じでした。

 - バイオレンス , , , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

その男、凶暴につきネタバレ感想
『その男、凶暴につき』ネタバレ感想|たけし映画の原点。

『その男、凶暴につき』 監督 北野武 脚本 野沢尚 製作 奥山和由 出演者 ビー …

thumb_400_01_px400
アウトレイジ ビヨンド|ネタバレ!

・大友(北野武):元・大友組親分。前作の抗争 で10年の刑期を受け、5年後に仮出 …

4cbedc762d6997f1b92537fa3d7295b7
地獄でなぜ悪いーネタバレ感想。バランス崩壊映画。

地獄でなぜ悪い 監督 園子温 脚本 園子温 出演者 國村隼 堤真一 二階堂ふみ …

3459924
『愛のむきだし』実話映画の真実|洗脳の怖さを映画で伝える。

愛のむきだし 監督 園子温 脚本 園子温 原案 園子温 出演者 西島隆弘 満島ひ …